ダイレクトメールを専門の代行業者に依頼するメリット

DM活用塾

発送までにかかる作業を知る

ダイレクトメールを発送するまでには、たくさんの工程があります。まずは商品をPRする相手のリストを集めるという作業があるでしょう。さらに、そのリストからターゲットとなる人を絞り込んでいきます。それにはいろいろなデータを分析することも必要となります。その後デザインやキャッコピーを考え、印刷やサンプルの手配が行われます。それら経て宛名の印刷、発送へと繋がるのです。

代行業者に依頼

はがき

ダイレクトメールの発送は大変

ダイレクトメールの発送は自社で対応することもできます。しかし、いろいろな工程を経て数百部、数千部となるたくさんの数を発送しなくてはいけないので、時間はもちろん完成するまでに多くのコストがかかってしまうのです。

コスト削減や仕事の効率を考える

印刷に使う紙や印刷機、ターゲットのデータを自社で揃えるのは時間やコストがかかることです。しかし、代行業者に頼めば、印刷機を手配することもありません。また、発送までに必要な人件費の削減を行うこともできるのです。その結果、自社の社員は会社本来の業務に専念することができます。

すぐに対応できるところがメリット

ダイレクトメールの発送を専門に行う代行業者は、実績や経験に基づいてすぐに発送まで対応してくれます。依頼をすると数日でデータ収集から発送までを効率的に行ってくれることでしょう。急いでダイレクトメールの発送を行いたいというときにとても頼りになるのです。

発送の代金も安くすることができる

代行業者はたくさんの企業のダイレクトメール発送を行っています。そのため、なかには運送会社と契約を結んで発送をしているというところもあるでしょう。その場合、大量発送で割引をしていることもあります。自社で運送会社に依頼するよりも安い費用で発送をすることができるのです。

面白くて目を惹くデザインの提案もできる

きちんとしたデザイナーがダイレクトメールのデザインを担当してくれるという代行業者もあります。たとえな、法人や他の企業に向けて印象に残るダイレクトメールを作りたいという場合はそういったプロのいるところに依頼するといいでしょう。デザインを変えるだけでダイレクトメールの開封率も大きく変わるので重要です。

広告募集中