内容に合わせてターゲットを絞り込むことが大切になる

DM活用塾

消費者が求めているのはどんな内容か

ダイレクトメールを消費者に向けて発送している企業は多いでしょう。個人の消費者に向けたダイレクトメールにはいろいろな種類があります。例えば、年末や夏のバーゲン、クリスマスなどイベントに関係する内容のものがあります。また、誕生日のように特別なときだけに発送するものもあるでしょう。セールのお知らせやバースデークーポン、獲得したポイントの案内など、どんな内容なら消費者が喜ぶのか考えましょう。

受け取りたいダイレクトメールの内容

no.1

お得なクーポンの案内やプレゼント

個人の消費者が求めているダイレクトメールの内容の一番はお得なクーポンやプレゼントです。誕生月だけにもらえるような特別な割引のあるクーポンはもちろん、毎月定期的にもらえるようなクーポンも販促の活動に大きく貢献してくれるでしょう。

no.2

セール時期や特売日・キャンペーンに関するお知らせ

季節ごとに開催するバーゲンの情報を知りたいという消費者は少なくありません。この機会を逃すともったいないと感じることから、こういったキャンペーン等のお知らせのダイレクトメールは重要視されているようです。

no.3

試供品の案内やプレゼントの郵送

実際に商品を手にすることができる試供品のプレゼントは消費者に喜ばれるダイレクトメールの1つです。試供品を使ってもらうことでその良さを実際に知ってもらい、商品の購入へと繋げることができます。

no.4

サービスに関する明細や請求書のお知らせ

ダイレクトメールの内容の1つに含まれるのが利用明細や請求書です。定期的に、利用した金額やその内容、ポイントの残高などをダイレクトメールで確認したいという人は少なくありません。画面上のデータだけでは忘れてしまうという人も多いので、今も紙媒体のダイレクトメールが好まれることがあります。

no.5

開催するイベントの案内

ゲストを呼んだトークショー、ヒーローショーやカラオケ大会など、商業施設で開催するイベントの案内も重要です。こういったイベントを開催することで集客や販促に繋げることができるでしょう。

求められる内容

広告

個人消費者向けのダイレクトメール

ランキングを見てわかるように、個人の消費者に宛てて送るダイレクトメールは、お得な情報やプレゼント、役に立つものが求められています。この順位は男女や年代によっても少し違ってくるでしょう。例えば、男性の場合はランキングの内容以外にも新商品や新しいサービスのお知らせを希望する人が多いです。

企業向けのダイレクトメールについて

個人向けのダイレクトメールと勝手が少し変わってくるのが他の企業や法人に向けて発送するダイレクトメールです。個人の場合は、直接購入してくれる消費者の手元にダイレクトメールを発送することができます。しかし、企業や法人の場合はダイレクトメールを受け取る人と、その購入を検討する人や許可する人が同じだとは限りません。

ターゲットを絞り込むことが重要になる

個人向けでも企業向けでも重要になるのはターゲットの絞り込みです。個人向けであれば男女や年齢で絞り込んで記載する内容を決めるといいでしょう。一方、企業向けのダイレクトメールの場合は実際に商品やサービスを使う側、その購入や決済を行う側というように立場や役職を考えて内容を記載するといいでしょう。

絞り込みの要素はたくさんある

男女や年齢、役職に応じてダイレクトメールのターゲットを絞り込むのはとても大切です。この他にも、ターゲットとする人の職業や住んでいる地域、購入履歴から分かる情報などを元にするといいでしょう。

広告募集中