ダイレクトメールにはどんな種類があり、どんなメリットがあるのか

DM活用塾

メリットを考えよう

はがき

身近なダイレクトメールの種類を知る

販促に効果的なダイレクトメールには、FAXやEメール、郵送といった種類が存在しています。郵送の場合はさらに細かく分けることができるでしょう。例えば、よく目にする封筒やハガキ、少し分厚いカタログや小冊子などが挙げられるでしょう。

FAXのダイレクトメールの特徴

FAXは郵送と違ってターゲットの手元に届くまでに数日という時間を要することがありません。スピーディーにダイレクトメールを送りたいときに便利だといえるでしょう。郵送と違って開封することなくすぐに伝えたい内容を見てもらうことができます。ただし、送る相手や時間帯によってクレームに繋がる可能性があるので注意が必要です。

Eメールのダイレクトメールの特徴

Eメールの魅力はコストの低さにあるでしょう。紙や配送の手間がないのでローコストで配信することができます。ボタン1つで送ることができ、アンケートがあった場合の返信もすぐに確認することができます。WEBサイトへの案内や資料を添付することも可能です。しかし、ウィルス対策や迷惑メール対策で引っかかることもあるため、ターゲットに開封してもらえる確率は他よりも低くなります。

スタンダードな郵送のダイレクトメール

ハガキや冊子を発送するようなダイレクトメールは、目的に合わせて情報量の増減をすることができます。カタログを使えばたくさんの商品の情報を届けることができるでしょう。発送してから届くまでに数日という時間はかかってしまいますが、手元に残りやすく工夫次第で開封率を上げることも可能です。色の付いたハガキや冊子を送ることができるので商品のイメージを伝えやすいという特徴があります。

特徴を活かして使い分けることがポイント

ダイレクトメールはそれぞれの種類の特徴を踏まえた上で活用していきましょう。例えば、すぐに届けられるEメールはキャンペーンや緊急告知で活用するといいでしょう。メールなら外出先でも確認ができ、すぐにキャンペーンに参加してもらうことができます。郵送の場合は案内としての役目やサンプルの同封にも使うことができるでしょう。

ダイレクトメールを簡単に発送してくれる

このように様々な目的に合わせて使うことができるダイレクトメールは、今でも立派な販促ツールの1つです。より効果的なダイレクトメールを発送するために、専門の業者がデザインから発送までを請け負うこともあります。企業で細部まで行うことが難しいという場合はそういったダイレクトメールの業者に頼ってみてもいいでしょう。自社では出なかったアイディアを提案してくれる可能性もあります。

広告募集中